シンプリーキャットフード

愛する猫ちゃんと20年一緒を目標に!

 

近年ペット業界では猫のブームが来ています。マンションで買うなら散歩の必要がなく、また鳴き声も犬ほどうるさくない猫ちゃんの愛好家が増えているのです。

 

 

しかし、猫の寿命は平均すると13年ほど・・・愛する家族の一員だから少しでも長生きしてもらいたい。

 

 

そう思うのは飼い主さんとして当然のことです。

 

 

そこで今回紹介する「シンプリーキャットフード」は愛する猫ちゃんと“20年一緒に過ごす”を目標に開発された猫のための健康食品です。

 

 

猫ちゃんにとっては毎日のご飯が健康維持の要!そこで動物栄養学者と本気で作ったのが、プレミアムキャットフードなのです。その実績が認められて全世界での販売実績は100万袋以上!

 

 

近年ではペットの多様化ニーズに合わせ、品種ごとあるいは年齢ステージでフードを変えるというスタイルが人気を博していますが、これには問題点も少なくありません。

 

 

まず、犬や猫などの動物は餌を急に変更するとお腹の調子を崩してしまう子が多いのです。

 

 

嘔吐や下痢の他にも食欲をなくして新しい餌を食べなくなることもあります。

 

 

しかし、このフードならシニアになるまでずっと同じ餌で大丈夫!しかも食いつき率脅威の100%をマークしています。

 

 

安価なペットフードだと食いつきをよくするために塩分を多めにしたり、また香料などでペットが好む匂いを人工的につけることもあります。

 

しかしこれではペットの健康にとっていいはずありません。

 

 

「シンプリーキャットフード」なら

 

  • グレインフリー(穀類不使用)なので、スムーズな消化をサポートします。
  • 原料にはサーモン、ニシン、マスなど高品質なタンパク質をたっぷりと含んでいます。
  • だからどんな種類の猫ちゃんも大好き!(食いつき率100%)

 

健康的なのに美味しいから猫ちゃんの方からおねだりされることでしょう!

 

気になる猫の健康維持のために

 

ペットとはできるだけ長い間一緒にいたい。。。これは動物を愛する人たち共通の願いです。

 

 

ペットブームと言われる昨今ですが、昔よりも「ペットは家族」という意識が高まっている影響を受けて飼い主さんの意識にも大きな変化が起こっているのです。

 

 

その一例がペットフードを選ぶときには

 

  • カロリー表示や原材料表示まで必ず目を通して安全性重視で選ぶ
  • 家族のご飯として合成着色料や合成保存料が使われているものは選びたくない
  • もともと肉食の猫にとって小麦などの原材料は消化に負担がかかります。だからグレインフリー(穀類不使用)のフードを選びたい。
  • 今のフードのまま20歳まで我が子が生きられるようにしたい!

 

そんな意識の高い飼い主さんの間で今話題となっているのが「シンプリーキャットフード」なのです。

 

 

前のパートでも紹介していますが

 

  • グレインフリー
  • 高品位なタンパク質や腸の調子を整えるオリゴ糖

 

など愛猫の健康第一に考えています

 

  • もちろん合成着色料や合成保存料は一切不使用!
  • それでいて食いつきがよくシニアになっても同じ餌を続けることができる!

 

などの理由でネットを中心に日本でも話題沸騰中!!

 

知ってます?猫のからだって実はとてもデリケートなんです

 

ところで猫を飼っている人ならすでにご存知かもしれませんが、猫の体というのは非常にデリケートに出来ているのです。

 

 

例えば・・・

 

 

・当たり前の話ですが人間とは言葉でコミュニケーションが取れないので、自分自信で健康管理ができません。

 

 

毎日食べるフードが健康管理の要となります。

 

 

・猫は肉食です。だから原料に穀類(小麦や米など)を含んでいるのは消化が難しく、胃腸に大きなストレスをかけてしまいます。

 

 

・肉や魚などの動物性タンパク質は人間よりも大量に必要!

 

 

そして猫にとって栄養のコントロールも健康管理もすべては飼い主さん任せ!

 

 

言葉によるコミュニケーションが無理だからこそ飼い主さんが考えてあげることが重要なのです。

 

猫の元気を守る大切なフードだから健康と美味しさにはとことんこだわりました。

 

それでは「シンプリー」が愛猫家に選ばれている理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

猫ちゃんの健康のため

人間でも動物でも健康的に生きていくために必要な栄養は食事で補う以外に方法がありません。

 

 

つまり猫ちゃんにとってもフードは「健康管理の要」なのです。

 

 

いや自分であれこれ選べない猫ちゃんにとって「医食同源」という言葉は人間以上に重みのある言葉なのかもしれません。

 

 

近年キャットフードには原料として「炭水化物を含むべきではない」という考え方が専門家の間でも浸透してきました。

 

 

これは元来肉食獣である猫に小麦など消化されにくい炭水化物を与えることで消化器官に大きな負担がかかることが判明したからです。

 

 

しかしドライフードにはペレット状の形が作りやすくつなぎの役割も果たす炭水化物が使われてきたのが一般的でした。

 

 

これに異を唱え誕生したのが近年話題となっている「グレインフリーフード」です。

 

 

グレインとは穀物のこと。だから「グレインフリー」とは小麦などの穀物を一切配合していないフードのことなんです。

 

 

また食べ慣れないものを食べて免疫力が低下してしまうと猫の場合は「尿路結石」や「関節炎」を起こすこともしばしば。

 

 

これらの疾患は一度起きてしまうと何度も動物病院で診てもらわなければならなくなります。

 

 

だからこそ栄養バランスが取れていて、今後の病気リスクを少しでも下げることができるフードが求められているのです。

 

 

美味しさだってとても大切な要素

猫は案外偏食なのです。

 

 

もともと肉食の動物なので最も大切な栄養素は動物性たんぱく質。

 

 

その他の栄養素は草食動物が食べている胃や腸に残っている残渣物を消化酵素と一緒に食べていたのです。

 

 

つまり猫は人間ほど植物性の食物を消化する能力が高くないということになります。

 

 

それに猫の舌にある味覚センサー(味蕾)は人間のおよそ1/5程度と言われています。

 

 

だから猫が好んで食べるフードというのは味だけでなく「食感」や「香り」も重要な要素となるのです。

 

 

もちろん「お肉」や「魚」が大好物!そんな猫の嗜好性をとことん追求してどんな猫でも喜んで食べてくれるフードを目指しました。

 

愛する家族だから「最高品質」のフードを選びたい人のために

 

では「シンプリーキャットフード」が誇るプレミアムな品質について説明していきましょう。

 

 

猫ちゃんの健康リスクに配慮した黄金バランス

いくら猫が肉食だからとはいえ、野菜類に含まれている栄養素が無用というわけではありません。かつて野生の猫は小さな草食動物(うさぎなど)から消化途中の緑黄色野菜をその草食動物が持つ消化酵素ごと食べて自分の栄養にしてきたのです。

 

 

特に家猫に多い病気が「尿管結石」「ヘアボールによる便秘」「消化不良」などでした。

 

 

これらは消化に必要な消化酵素や植物に多く含まれているミネラルが不足すると起こりやすくなります。

 

 

そこで、こうした問題を解決するためにクランベリーから抽出した「キナ酸」を「尿路結石対策」に、また「オリゴ糖を便秘対策」として猫ちゃんでも吸収しやすい形で配合することに成功。

 

 

さらに「グレインフリー」だから消化にもとてもいいのです。

 

 

その他にもさつまいも、人参、りんご、ほうれん草など健康に良い食材を消化吸収の良い形で配合し健康維持を良好にサポートしてくれます。

 

 

猫の嗜好性をとことん追求、そして原料を厳選し、万全の安全管理のもとで製造

モニタリングテストでも全ての猫が完食してくれた秘密は惜しげも無く配合された豊富な魚と一粒、一粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングするという製法にあります。

 

 

使用している魚は生サーモンをベースとして、マス、乾燥サーモン、ニシン、白身魚、そして香りが芳醇なサーモンスープです。

 

 

だから袋を開けた瞬間に猫ちゃんの食欲中枢を刺激!

 

 

偏食気味の愛猫でも思わず近づいてしまうのです。

 

 

これらの贅沢な原料を使って製造するには厳格な安全管理が必要です。

 

 

動物愛護先進国としても知られるイギリスでこのフードは誕生しました。

 

 

そしてイギリスの中でも特に安全管理や品質管理が徹底されているBRC(英国小売協会)の規格でAランクを取得している工場で生産されているので安心して愛する猫に与えることができるのです。

 

 

愛する家族だからこそ安心して美味しく食べられるフードで万全な健康管理をしてあげたいものですね。

 

シンプリーキャットフード 口コミ

シンプリーキャットフードに変えてから、お皿に入れただけですぐに駆け寄ってきますし、残すことなくキレイに食べきってくれます。以前はこんなにキレイに食べるところをあまり見たことがありませんでした。これからもシンプリーキャットフードで愛猫に喜びと楽しみを与えていきたいと思います。

 

シンプリーキャットフートにして3ヶ月。毛のツヤが見違えるほど良くなりました。15歳という年齢のため、どうしても毛のツヤが失われ、こまめに手入れしてあげなければいけませんでした。ところが、今では7歳くらいの頃に戻ったように毛はツヤツヤで1本1本もしっかりしています。

 

うちの猫は元々お腹が弱いため、キャットフードによっては食べてすぐに下痢をしてしまいます。ですがシンプリーキャットフードはどれだけ食べても下痢を起こしたりしないので安心して食事をさせることができています。

 

16歳という高齢のため、普段の食事でも健康改善が出来ればと思いシンプリーキャットフードを購入しました。ここ半年ほど前から食欲が少し落ちていたのですがシンプリーキャットフードにしてからまた食欲が戻りました。まだまだ元気でいてもらいたいので今後も続けて購入していくつもりです。

 

高齢のせいで食欲が減り体重が落ちていたのですが、シンプリーキャットフードにしてみたらこれまでにはない食いつきを見せてくれました。おかげで体重も若干戻りましたし、栄養を多く摂れることになったことで毛並みもすごく良くなりました。

 

猫の体調管理にすごくありがたいキャットフードです。先月去勢手術をしたため、体調が不安定でいつもあげていた缶タイプのキャットフードにもあまり手を付けなかったのですが、シンプリーキャットフードに変えてみたところ、食欲も戻り、体調、体重共に安定しました。

 

猫に優しい信頼できるキャットフードでした。うちの猫はアレルギー持ちのため、キャットフードによっては体調が悪くなってしまいます。シンプリーキャットフードは含まれている成分が安全なものだけだったので安心してあげることができました。もちろん、体調が悪くなったことは1度もありませんでした。

 

偏食がひどく、キャットフード選びにはいつも頭を悩ませていました。あるとき、ネットで口コミが良かったシンプリーキャットフードをあげてみたところ、勢いよく食べていたので、それ以来シンプリーキャットフードをあげ続けています。

 

食いつきの良いキャットフードだとのネット記事を見つけ、13歳になり落ちてきた食欲を改善できればと思い注文しました。

ネット記事は当てにならないとよく言いますが、シンプリーキャットフードを与えた途端、子供の頃に戻ったようにむしゃむしゃと食べ始めました。お陰で再び体重も年齢の平均をキープ出来るようになりました。

 

袋を開いた瞬間に駆け寄ってきました。普段こんなことは絶対にしないので驚かされました。お皿に出すと、もうあっという間に食べきってしまいました。食べさせすぎしまったらという不安もありましたが、食欲が落ちていた時だったので、そうした元気な姿を見ることができ安心しました。

 

 

 

全年齢対応のキャットフード

 

世界で100万袋が売れてるシンプリーキャットフードは、優れた安心安全によって選ばれる商品です。

 

 

毎日の食事が愛猫の健康維持を左右する、その観点に立って開発されている点が特徴です。

 

 

いつまでも一緒にいたい、そういう飼主の希望を実現する為にも、良質な食事を選び与えることが大切だといえます。

 

 

人気の理由は穀類不使用のグレインフリーで、アレルギーのリスクを大幅に下げられるのが1つです。

 

 

また年齢によって必要量が多くなる、良質なタンパク質が豊富に含まれている点も挙げられます。

 

 

73%を占めるタンパク質はサーモンとニシンやマスなど、魚が中心となっているので安心です。

 

 

しかも、猫が喜ぶ美味しさを追求していますから、大切な愛猫に食べる喜びと健康が与えられます。

 

 

シンプリーキャットフードは英国王室のエリザベス女王により、表彰を受けたこともある優秀さです。

 

 

全猫種と全年齢対応のカバー力ですから、幅広いタイプがいる猫に対して、安心して選んだり与えることができるでしょう。

 

 

開発には動物栄養学者が関わっているので、栄養面の心配を抱く必要はないです。

 

 

むしろ、種類や年齢に関係なく与えられるほどですから、それだけ普遍的で優れた成分で構成されていると考えられます。

 

 

動物愛護の先進国イギリス生まれなので、そういった面でも安心して検討することができます。

 

 

価格は1.5kgタイプが税抜3,960円で、平均からするとやや高めではありますが、愛猫の健康を思えばリーズナブルです。

 

 

一度病気になると、人間と同じく医療費が継続的に発生したり、治療で体力が落ち身体が弱り可哀想に見えることがあります。

 

 

シンプリーキャットフードは健康を食事の面から見直すことで、愛猫の健康を守り維持するサポートを行います。

 

 

健康を追求した一般的なキャットフードは、味がいまいちで猫が喜ばないということがありました。

 

 

しかし、美味しさも追求されているこの商品であれば、愛猫が喜んで自ら食べに行きます。

 

 

勿論、全ての猫の口に合うとは限りませんが、多くの猫が好む味に仕上げられているので、食べてもらえる可能性は高いといえるでしょう。

 

 

食事は年齢によって変えるのが基本ですが、猫の食事となると好みの難しさもありますから、選ぶのが困難だったり中々乗り換えられないことがあります。

 

 

寿命を長くしたい方に最適!

 

 

シンプリーキャットフードはシニアまでずっと食べられるので、一度好んで食べ慣れてしまえば、後は文字通りずっと続けることが可能です。

 

 

元気でいてほしい、元気な姿を見せ続けて欲しいという飼い主の願いに応えてくれるので、将来の健康を考えるならこの商品が有力な候補となります。

 

 

カロリーや原材料の確認は、大切なことだと思っていても続けるのは難しく、忙しいと手を抜いてしまいがちです。

 

 

添加物が良くないことや、アレルギーに関連する原材料は選ばないのが賢明ですが、実際は隅々までチェックするのは難しいです。

 

 

その点、シンプリーキャットフードはカロリーバランスを始めとして、安心の原材料のみで構成されている信頼の一品です。

 

 

合成着色料や合成保存料不使用なのは当然ですし、原材料に小麦ととうもろこしは入っていないです。

 

 

猫は一般的に15、6歳が平均的な寿命といわれ、高齢になると食が細くなったり食べられるものが限られてきたりします。

 

 

20歳まで安心して続けられる、シンプリーキャットフードはそう言い切っていますから、その分愛猫に対して自信を持って与えられるはずです。

 

 

動物は自分で健康管理ができませんし、小麦はアレルギーに加えて消化不良になりやすい懸念があります。

 

 

逆に、肉や魚は人間よりも多く必要とするので、それに気がつかないと愛猫の健康を守るのは困難です。

 

 

運動や睡眠に定期的な健康のチェックなど、長く一緒にいる為のポイントは他にもありますが、健康の基本はやはり食事です。

 

 

何をどれだけ食べるかといったことが、長い時間を掛けて健康状態や寿命を左右します。

 

 

更に、人間と同様に美味しく飽きずに食べ続けられることも、生きる喜びを感じるという意味で大切なポイントです。

 

 

猫は何かとお腹を下しやすいですが、それは腸が短く消化できる食べ物に制限があるからです。

 

 

人間が良かれと思って与えるものの中には、美味しくても消化に不向きで、内臓に負担を与えてしまうものが少なくないです。

 

 

味覚細胞は人間の5分の1ほどですから、猫は味だけでなく食感を含めて総合的に良し悪しを判断します。

 

 

タンパク質が多い食事を好むというデータがあるので、タンパク質重視のキャットフードはまさに喜ばれます。

 

 

開発者のデイビッドサウジーさんは、猫の体に合うキャットフードを目標に、タンパク質が豊富なレシピを考案しました。

 

 

そのレシピの完成度は、世界中で販売されている実績を見れば言うまでもなく一目瞭然だと思われます。

 

 

栄養バランスの良さと消化のしやすさを考慮した結果、サーモンをベースにニシンやマス、そして乾燥白身魚が配合されています。

 

 

消化不良を引き起こしやすい穀類を除き、健康リスクを踏まえて開発された商品なので、日本でも愛用者が増加中です。

 

 

 

穀物不使用グレインフリーキャットフード

 

 

シンプリーキャットフードは動物愛護先進国のイギリスで生まれた動物栄養学者と共同開発したキャットフードで、穀物不使用のグレインフリーをはじめ高品質たんぱく質が73%も含まれているのに加えて愛猫が喜ぶ美味しさを実現し、子猫の時代からシニアに至るまでずっと食べられることから人気商品となりました。

 

 

従来型のキャットフードは製造コストの低減やお腹をいっぱいにさせるなどの目的から小麦粉などの穀物を原材料にした製品が多い傾向にありましたが、どんなに健康な猫であっても実は内臓はデリケートで穀物の消化は大きな負担となっていました。

 

 

また、肉や魚は猫の大好物で、その理由は人間以上にそれらの食材に含まれている栄養素を必要としているためですが、製造コストや製造工程の手間を省く目的から肉や魚を含まないか、たとえ含まれていたとしてもほんの少量であることがほとんどでした。

 

 

それらの問題を一気に解決し、猫自身が美味しく感じながら必要な栄養素を摂取可能で消化も良く健やかな毎日を過ごすのを実現できるのがシンプリーキャットフードの存在です。

 

 

猫は他の動物と比較して腸が短いため、小麦などの穀物の消化は大きな負担となるため毎日食べるものだからこそ食事は体調維持のために重要な要素を占めています。

 

 

猫は偏食になってしまいがちで、飼い主が与える食事によっては好き嫌いが増えてしまいます。

 

 

その原因となっているのが味を感じる舌の細胞の味らいが人間と比較して5分の1しか無いため、嗅覚や触覚も使って認識するため、おいしいのはもちろんのこと食べやすい食感や必要な栄養素を摂取できたりお腹がいっぱいになると実感できることも重要です。

 

 

そんな性質を持つ猫は毎日食べるものが決まってしまうケースが多いですが、シンプリーキャットフードならば猫にとって必要な栄養素の全てを網羅しているので長く食べ続けて健康を維持することができます。

 

 

元々肉食である猫は人間や犬以上にたんぱく質を好み、肉や魚を豊富に含むことで食欲をそそることが大切です。

 

 

そんなシンプリーキャットフードは、動物愛護先進国イギリスの動物栄養学者であるデイビッド・サウジーさんによってレシピが考案されました。

 

 

いかに猫の身体に合うキャットフードを作り出すかに注視し、たんぱく質が豊富であることを絶対条件として健康を維持するために栄養のバランスを考慮した結果、サーモンをベースにニシンとマス、乾燥白身魚など73%も魚を配合しました。

 

 

 

尿管結石対策にもなる

 

 

猫にとって消化が難しい穀物を一切含まないグルテンフリーを実現しながらコンディション維持も両立できるキャットフードに仕上がり、愛猫といつまでも暮らしたい飼い主の方におすすめのキャットフードです。

 

 

さまざまな健康リスクに配慮し厳選された材料をブレンドしており、クランベリーに含まれているキナ酸は尿管結石をケアして身体のコンディションを安定させ、オリゴ糖は豊富な食物繊維で毛玉の排泄をサポートしてスッキリさせます。

 

 

サツマイモは腹持ちが良いうえに消化率が高く、ニンジンやリンゴ、ほうれん草はビタミンや鉄分を多く含み健康を維持をサポートします。

 

 

猫が食いつく厳選素材の食べやすさも重要で、豊富な魚を1粒1粒濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法に旨みを濃縮したサーモンスープで食欲を刺激して偏食気味の猫も思わず振り返るおいしさです。

 

 

シンプリーキャットフードは動物愛護先進国イギリスのイングランドの中でも自然豊かなエリアにある高い評価を得ているペットフード専用工場で製造されています。

 

 

その工場は製造ラインを常にモニタリングし、専門の品質管理官がチェックを行うなど世界最高クラスの厳しい基準を持つ欧州ペットフード工業会連合FEDIAFの規格を満たしており、安心して猫に与えることができます。

 

 

シンプリーキャットフードは毎日続けるからこそ少しでもお得な価格で購入したいところですが、そんな時に便利なのが公式ホームページで受け付けている定期コースの存在です。

 

 

単品購入では1.5kg入りのパッケージが1袋3960円のところ、定期コースの場合は1袋約10%オフの3560となるのに加えて毎月定期的に届けられるので買い忘れが無いのも便利なのはもちろんのこと、キャットフード用のスクープがプレゼントされます。

 

 

まとめ買いをすることで割引率が上がり合計金額が7000円を超えると15%オフ、20000円を超えると20%となり多頭飼育をされている方にとっては嬉しいサービスで、さらに10000円以上の購入で送料無料、代引き手数料が無料となります。

 

 

また、定期コースはいつでも休止や再開が可能なため猫が食べるペースを考えながら購入するタイミングを選ぶこともできます。

 

 

キャットフードとしてのコンセプトはもちろんのこと、定期コースの運営方法に至るまで猫のためを思ったシステムで多くの飼い主の方から高く評価されています。

毛玉をスムーズに排出してくれる成分配合

 

愛猫の健康を守りたいならば、体をつくるキャットフード選びからこだわらなければいけません。シンプリーキャットフードであれば、その飼主のこだわりに応えることが出来ます。

 

 

2009年3月から累計販売個数が全世界で100万袋以上と、世界中の猫を飼っている方に支持されているキャットフードの秘密は、栄養と美味しさを両立させていることです。

 

 

健康のことを考えるならば、まず何よりも考えなければいけないのが栄養のことです。シンプリーキャットフードではたんぱく質に注目してサーモン・ニシンを使い高品質のたんぱく質を材料としています。

 

 

それから、猫がかかりやすい尿路結石を防ぐためにクランベリーに多く含まれるキナ酸を、グルーミングで出来た毛玉を排出するためにオリゴ糖を、消化を助けくれるさつまいもなど豊富な栄養素が詰まっています。

 

 

逆に、このキャットフードに一切入っていないのは穀物です。人間の場合だと健康のために、肉よりも穀物が好まれます。でも猫の体は穀物を消化するのには向いていません。

 

 

全く食べられないわけではありませんし、穀物に含まれる栄養は魅力ですが、負担が大きいのでそれほど必要はないのです。

 

 

それに穀物に対してアレルギーを持っている個体もいますから、安全のためにグレインフリー(穀物不使用)をしておいたがほうが無難です。

 

 

それから、健康に害がありそうな人工添加物についてはも、自然の素材で代用できるということで不使用になっています。食べ続けていく中で、そういった成分が蓄積されていくこともありません。

 

 

このように栄養のことを考えたならば、次に猫が美味しく食べてくれる工夫も必要です。人間は栄養のことを考えて、好き嫌いを我慢して食べることができますが、猫の場合には舌の機能は人間に劣るのですが優れた臭いや触覚を使って食べるので、好みにうるさいです。

 

 

そのため、せっかく飼ってきたキャットフードが気に入らないとまるで食べようともしないことがあります。

 

 

 

定期コースの割引きについて

 

 

その点、シンプリーキャットフードで使われている素材は、魚も野菜もすべてが厳選されています。

 

 

しかも、その素材の良さを損なうことがないように、成分を濃縮されていますから芳醇な香りで食欲を掻き立ててくれるのです。猫にとって美味しいとは何かをよく考えてつくられているので、子猫でも老猫でも喜んで食べてくれます。

 

 

ということで、猫にとって贅沢なごちそうを毎日食べ続けていくことが、健康の維持につながるという理想的な環境を作り上げることができます。

 

 

もうひとつシンプリーキャットフードでは、なにか悩みや疑問が生まれたときには電話あるいはメールでペット管理師などの資格を持っている専門家に相談できるサポートもあります。

 

 

専門家の知識を得ることで安心して愛猫にキャットフードを与えることができるようになります。

 

 

以上のことから、シンプリーキャットフードがいかに健康のことを考えた内容であることがわかるのですが、製造段階で品質管理が出来ていないと、購入した商品がいつでも同じなのかがわかりません。

 

 

そこで気になるのは、どこで作られているのか、品質管理がどうなっているのかということですが、シンプリーではイギリスのイングランドに製造工場があります。

 

 

イングランドは清らかな風土のある土地であり、更に工場についてみていけば欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の定めている基準を満たしています。

 

 

そこで作られた商品は最終的に検査を通過したうえで出荷されているので、いつでも高品質のキャットフードが家に届くのです。

 

 

それほどに厳しい管理下のもとでつくられている商品ですから、街のペットショップなどではシンプリーキャットフードは販売されていません。

 

 

手間と時間がかかっている分、余計なコストが掛かったりして飼い主の負担が増えることがないように、直接シンプリーのサイトで注文する形になります。

 

 

シンプリーのサイトで注文をするときには1回のお届けとなる通常購入と定期コースに分かれています。

 

 

通常購入の場合には1.5kgの商品で3,960円(税抜)です。そこに10,000円未満なら全国一律640円の送料がかかります。

 

 

まとめ買いをするとき購入金額が7,000円円以上であれば5%割引、20,000円以上では10%の割引も受けられます。

 

 

対して定期コースはと言うと、一定期間ごとに商品が届く仕組みです。こちらは1点でも特別優待価格は10%割引、さらに7000円以上で15%、20,000円以上なら20%も割り引かれます。

 

 

もちろん、そこまで大量に買うかは飼っている猫の数などによっても変わってくるでしょう。ですが定期コースでは、届ける個数だけでなく周期についても1週間から13週間まで1週間刻みで設定ができます。

 

 

つまり1回のお届けの個数を増やす代わりに周期を空ければ、より高い割引を受けることも出来ます。ということでずっと食べさせてあげたいと思うならば、定期のほうがお得です。

 

 

もし何かの理由で定期コースをやめたい・休止をしたいというときには連絡をすれば手続きが可能です。

 

 

 

猫に良くない添加物を一切含んでおらず

 

 

シンプリーキャットフードは、イギリスの動物栄養学者の方が開発をしたキャットフードになります。

 

 

イギリスという国は、動物愛護先進国として有名です。シンプリーの製造工場はイギリスの中でも特に安全と品質管理が徹底されているBRCの規格で最高評価のAランクを取得しているくらいです。

 

シンプリーキャットフードというのは、猫が20年間元気でい生きることができるということを目標に掲げている餌です。

 

 

シンプリーキャットフードのホームページにきちんと原材料が表示されているので、どんなものが入っているのか気になるという方は一度確認をしてみると良いです。

 

 

主原料は骨付き生サーモンで31%含有されています。

 

 

その他には、生ますとか乾燥サーモンや乾燥ニシン、旨みがぎゅっと凝縮したサーモンスープも含まれていて魚介類を中心に75.55%も含まれていることが分かります。

 

 

サーモンにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、腎臓病のケアに良いと言われていますし脂肪肝の予防とか改善にも効果があると期待もされています。

 

 

クランベリーもこちらには入っていますが、クランベリーにはキナ酸という成分が多く含まれていて膀胱炎の予防にも効果が期待されているものです。

 

 

避妊後のネコにもおすすめされています。こちらに入っているフラクトオリゴ糖とマンナンオリゴ糖には便秘を解消してくれる効果も期待できます。

 

 

もしも飼っているネコの便臭が気になるとか、最近便秘だという場合にはたべさせてみると効果が出るかもしれません。

 

 

シンプリーキャットフードの魅力の1つに、添加物が一切含まれていないという点があげられます。

 

 

ネコの健康を害する恐れがある着色料とか人口調味料などの添加物は一切使われていないので安心です。保存料にはビタミンEが採用されています。また食欲をそそる香りがあることも人気の1つです。

 

 

猫というのはたいてい、匂いを嗅いでその食べ物がおいしいかどうかを判断しています。こちらの餌にはサーモンとかにしんとかますなどをたっぷりと使っているので、猫が好きな匂いが自然とするようになっているのでぱくぱくと食べてくれます。

 

 

人間には少し匂いがきついと感じたとしても、嗅覚が発達していてグルメな猫にとったらちょうどよく食べ物になっています。シンプリーの公式サイトでは、食いつき率が脅威の100%と言われているくらいです。

 

 

 

穀物不使用グレインフリーキャットフード

 

 

こちらはグレインフリーというのも魅力です。グレインフリーというのは、穀物不使用という意味です。

 

 

とうもろこしとか小麦や大麦というのはネコが消化をすることができません。

 

 

消化器官の以上とか皮膚のトラブルなどのアレルギーを引き起こしやすいともいわれています。穀物や人工添加物は目ヤニとか涙焼けの原因になります。従来のほとんどのキャットフードにカサ増しと言われている低価格化が目的で穀物が使われているのです。

 

 

でもこちらのシンプリーのものにはそういったものが一切使われていません。穀物不使用のグレインフリーのものなので安心です。

 

 

シンプリーキャットフードは他のものと比べると小粒で食べやすいともいわれています。

 

 

基本的に食べ物をあまり噛まないのでほぼ丸のみをしてしまう動物です。粒が大きい餌ほど、喉に詰まってしまって嘔吐してしまうというリスクが高くなります。

 

 

こちらの粒は飲み込みやすいように10ミリ以下に統一されているので一般的な餌の13ミリよりも小さく嘔吐をする心配はありません。

 

 

その他に体に良いさまざな原材料が使われていることも魅力です。サツマイモとかオリゴ糖には食物繊維が豊富に入っているので排便を促してくれる効果を期待できますし、ビタミンとか鉄分を含むにんじんやりんごやホウレンソウやミネラルを含んでいる海藻も入っています。

 

 

人間も安心して食べられる原材料だけで作ってあるので、大切な自分の飼い猫にも安心して食べさせられることは間違いありません。

 

 

20年生きるということを合言葉に作られている餌なので特に厳選された材料で作ってあります。

 

 

サーモンをベースににしんとかますなど乾燥した白身魚などを多く配合しているため、食事の時に最も欠かすことができない動物性たんぱく質を多く摂取することができます。

 

 

化学添加物も使っていない無添加のフードになるので安心して与えられることは間違いありません。

 

 

原材料の50%をサーモンが占めているので、余分な資質とか糖質が含まれていることはないです。そのためダイエットの効果もあると言われている餌になります。カロリーは100gあたりが380キロカロリーなので他のダイエットフードよりもカロリーは低いです。

 

 

少し太って来ているからもう少し痩せさせたいという方にはこちらはかなりおすすめです。

 

 

高たんぱく低カロリーなので肥満気味のネコには本当におすすめです。

 

 

こちらを与えている飼い主は、便通もよくなったり健康的になったと言われています。健康に育てたい方にはよい餌です。

 

健康を維持する為のビタミン食物繊維が豊富

 

シンプリーキャットフードの最大の特徴は、タンパク質を豊富に含んでいることです。魚が73%以上配合されていて、サーモン・ニシン・マス・乾燥白身魚などが使用されています。

 

 

これに加えて、アレルギーの原因となる穀物類を一切使用していないという特徴もあります。

 

 

グレインフリーなので安全性が高く、猫が健康的に長生きができるように成分が調整されています。

 

 

肉食の猫は多くの炭水化物を必要としないので、穀物を与えなくても大丈夫です。猫の体ではタンパク質を糖に変えてエネルギー源にすることができるので、炭水化物の必要摂取量が少ないという特徴があります。

 

 

理想的な猫の栄養バランスとは肉や魚が7割で、炭水化物2割・野菜1割です。

 

 

シンプリーキャットフードは約7割が魚由来のタンパク質なので、猫にとっては最も理想的な栄養バランスであるといえます。

 

 

キャットフードの中には魚や肉ではなくて豆類でタンパク質の成分を増やしている製品があります。

 

 

大豆などの豆類には植物性のタンパク質が含まれていますが、動物性タンパク質と比べると吸収率が低くなってしまいます。

 

 

猫の体にとっては植物性よりも動物性のタンパク質の方が向いています。猫の必須栄養素で動物性のタンパク質にしか含まれていない成分がたくさんあります。このため、必要なタンパク質は肉や魚などで摂取する必要があります。

 

 

猫は肉食の動物ですが、健康を維持するためには野菜も摂取しなければなりません。

 

 

ビタミン・鉄分・食物繊維が必須です。シンプリーキャットフードには栄養価の高い野菜や果物が配合されていて、健康を維持するために必要なビタミンや食物繊維を摂取することができます。

 

 

食物繊維が豊富なサツマイモが配合されているので、腸内環境を健康な状態に保てます。

 

 

サツマイモの他にもリンゴ(カリウム・食物繊維)やニンジン(ナイアシン・ビタミンC・リコピン・アントシアニン)、ホウレンソウ(βカロチン・鉄分)が使用されています。

 

 

他にも海藻類が配合されているので、鉄・ヨウ素・カルシウムなどのミネラル分を効率良く摂取することができます。

 

 

野菜や海藻に加えて果物(クランベリー)も使用されていて、ビタミン類・カリウム・カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・キナ酸・βカロテン・食物繊維などが豊富に含まれています。

 

 

 

他の高級キャットフードと比べて安い

 

 

シンプリーキャットフードには、保存料のビタミンEの他は人工的に合成された添加物が含まれていないという特徴があります。

 

 

人工調味料が使用されておらず、天然由来の自然な味です。人間の気を引くためだけに使用される着色料も、一切使用されていません。

 

 

一般的にキャットフードは米などの穀物類を多く含む製品の方が安く、動物性タンパク質を多く含む方が値段が高くなります。

 

 

肉や魚よりも穀物の方が安いので、穀物でタンパク質を補う方がコストがかからないからです。

 

 

肉や魚だけで必要なタンパク質を配合しているキャットフードは高級品なので高価です。

 

 

シンプリーキャットフードは穀物が一切含まれておらず、必要なタンパク質を魚で補っています。

 

 

それでも他の高級キャットフードと比べると値段が安く、1.5kg入りのパックが3,960円で販売されています。

 

 

動物性タンパク質が豊富な他の高級キャットフードと比較すると値段が安いので、毎日与え続けることができます。

 

 

基本的に猫が必要とする全ての栄養素がバランス良く配合されているので、子猫から成猫まで使用できます。

 

 

ただし肥満を防ぐために、体重や年齢によって1日あたりに与える食事の量を調整する必要があります。

 

 

給与量の目安ですが、生後2ヶ月未満の子猫であれば1日あたり20〜30gです。生後2〜4ヶ月であれば30〜55gで、生後4〜6ヶ月の成長期であれば55〜75gが目安です。

 

 

成猫の場合は、体重によって給与量を調節する必要があります。体重が2.5〜3.5kgであれば、1日あたり35〜45gが適量です。

 

 

体重が3.5〜4.5kgであれば、45〜60gを与えます。他のキャットフードと比較すると動物性タンパク質の割合が多くて高カロリーなので、給与量は少なめです。他のキャットフードから切り替えた場合は、餌の与えすぎによる肥満に注意する必要があります。

 

 

シンプリーキャットフードは、スーパー・ホームセンター・ペットショップでは販売されていません。

 

 

購入するためには、ネット通販で注文をする必要があります。

 

 

注文ができるのは、メーカーの公式サイトに限られます。この理由は、新鮮で品質の高い製品を短い日数で消費者のもとに届けるためです。

 

 

一般的に小売店で販売されている製品は流通過程で日数が経過してしまいますが。メーカー直販であれば製造後すぐに消費者に届けられるという利点があります。

 

 

購入方法は、都度購入と定期コースの2種類があります。最初に試しに与えてみる場合には、都度購入で1パックだけ注文して様子を見ると良いでしょう。

 

 

定期コースに申し込みをすると、10〜20%の割引価格で購入ができます。

 

>>シンプリーキャットフード【最安値】公式通販ショップはこちら<<