キャットフード おすすめ 安全

グレインフリーだからお腹の調子も良いと評判です。

 

シンプリーキャットフードはイギリスで生まれた、猫のためのフードメーカーです。

 

 

安全や安心はもちろんのこと、栄養バランスにもたいへん優れております。

 

 

愛猫の健やかな成長と健康を守るキャットフードのリーディングブランドなのです。

 

 

動物栄養学者との共同研究されているので、必要な栄養バランスをしっかり含みます。

 

 

猫が大好きな魚(サーモン・ニシン・マスなど)を73%という高配合率で混合してあるために、たんぱく質をたっぷり取ることが出来ます。健康バランスも美味しさも抜群です。魚が大好きな猫が喜ぶ味でもあるのです。

 

 

グレインフリーなので消化吸収もよく、お腹の調子も崩しにくくなっています。

 

 

グレインとは穀物のことで、猫によっては穀物が苦手な個体もいるために、パッケージにグレインの有無に関する表記がされた商品を選ぶことが、体調管理にも繋がるのです。

 

 

シンプリーキャットフードは原材料をしっかり管理しているので、配合成分の記載がきっちり行えます。

 

 

愛猫のことを思うのならば、安心して食べられるものを用意することも、飼い主の心配りの一つです。

 

 

たんぱく質が73%という数字にも、実は訳があります。

 

 

猫の食事バランスは肉や魚類を7割、炭水化物と野菜を3割食べるのが理想的な食生活だといわれています。

 

 

シンプリーの栄養素の配合割合は、理想に近い配合で作られているのです。

 

 

猫に与えるフードを購入する時には、いくつかの注意をすることが大切です。

 

 

箱やパッケージに書かれている原材料表示とカロリー表示をチェックします。

 

 

合成着色料や保存料が含まれているフードは選ばないことも忘れてはいけません。

 

 

小麦やトウモロコシなどの穀物を与えられると体調が悪くなってしまう猫もいるので、なるべくグレインフリーのフードをえらぶようにしまし。

 

 

日本より動物愛護の精神が盛んなイギリスで生まれたブランドだけあって、厳しい品質管理下のもとフードは作らています。欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準を満たし、社内独自の衛生管理の中で製造されております。

 

 

魚副産物はシンプリーの製造には使われていません。高品質な原料の良さを活かして作るからです。

 

 

魚副産物は市場に食用として流通しない魚の部位の略称です。

 

 

通常は捨ててしまう部位を副産物として加工し、安価なペットフードに混ぜることもありますが、シンプリーキャットフードは高品質な原料にとことんこだわっているために、魚副産物は未使用です。

栄養のバランスがとれた食事の構成です。

 

シンプリーキャットフードは、他のキャットフードと比較して魚が非常に多く含まれていることに特徴があります。

 

 

豆類が一切入っていませんので、その点も大きく違う点です。

 

 

魚が73%以上含まれていて、消化に良い動物性たんぱく質が多く含まれていることから、多くのペット愛好家に親しまれているフードになっています。

 

 

当然、食事としてのバランスもきちんととれていますので、安心して利用することができます。

 

 

特に、魚が好きなペットに対しては利用しやすいというメリットがありますので、そのような観点からも利用すると良いでしょう。

 

 

原材料に関しては、上記のようにそのほとんどが魚で構成されていますので、猫に対してあげるペットフードの中では安全性がとても高いものと言えます。

 

 

基本的に、魚嫌いな猫というのはほとんどいませんので、主成分が魚であるこの食べ物は非常に食べやすい状態になっています。

 

 

具体的には、サーモンをベースにしているモノからニシンなどをベースにしているものとあります。

 

 

また、猫の食事のバランスを考慮して原材料が配分されているため、エサをあげる時に買い主が他の祝辞とのバランスなどを考慮する必要性が無くなっています。

 

 

そもそも、猫に対して最も良い食事バランスが肉と肉と合わせて7割程度が一番良いと考えられています。

 

 

つまり、魚にとって一番バランスの取れた食事を提供できるようになっているわけです。

 

 

それだけでは無く、含まれている栄養分も非常に優れているというメリットが存在します。

 

 

猫も人間と同様に栄養バランスを考慮して食事をとらないと偏った食事になってしまいます。

 

 

人間の場合も食事のバランスが崩れてしまうと自律神経などが崩れて普通の生活を送ることができなくなりますが、これは猫に関しても同じです。

 

 

適切な食事を与えて栄養バランスがとれるのもこのフードの大きなメリットであるため、その点からも非常に高い評価が与えられます。

 

 

さらに、魅力的なのが豆類でタンパク質を補っていないということです。豆類は、猫によって好き嫌いが多いということもありますが、何よりも買い主側のコストの問題もあります。

 

 

豆類が原価が高くなってしまいがちですので、これを継続的に利用し続けてしまうとお金が非常に多くかかってしまいます。

 

 

また、猫にとっては消化吸収が悪いということもあって、あまりお勧めされていないこともあります。

 

 

この点、シンプリーキャットフードはほとんどが魚ですので安心してタンパク質も摂取できます。

 

>>シンプリーキャットフード【最安値】公式通販ショップはこちら<<